マタニティヨガで取り入れていること

出産スタジオジョイフル マタニティヨガを担当してます さおりです。

マタニティヨガでは、よく「客観視」のお話をしています。第三者の目で見るということですが、この一歩離れた状態で自分を見るというのが、私自身も出産の際に、とても役に立ったように思います。

おそらく、陣痛は痛いと思います。その痛みの渦にただ巻き込まれてしまうと、呼吸はおろか、スムーズなお産に向かいにくい。でも、一歩離れた状態で見てみると、子宮が収縮してるな、赤ちゃんも頑張ってるななど、痛みの捉え方自体が変わってくると言うわけです。

マタニティヨガでは、この客観視の練習もしています。出産に向けて、是非身につけて頂きたい方法です。ご参加お待ちしております。

関連記事

  1. 産後ピラティス開催しました!

  2. マタニティヨガ 小話

  3. 木曜日の午前中はPRF!

  4. スポーツにもヨガ

  5. 夏ヨガ

  6. ゆる体操